2011年12月31日土曜日

昭和へワープするには必須なアイテム

台湾に行ったとき、
昭和な時計を探したんだけど、
時間がとにかく無くて・・・・・

で、日本に帰ってきてから
暴走しております。

やっぱデータバンクだね(笑)

ゴールドシルバー(これ)と
どっちにしようか迷ったけど。
渋い色合いです。
これだったら、ゴールドでも
アリだったかな。
つや消しマットなシルバーです。

そして、軽い、
ラウンドしたボディは装着感が
良いです。



視認性は・・・、だってさ、
表示部は上の部分だけ

そりゃ、視認性は劣るでしょ。
っていうか、
これもある意味、所さんの
daitai(だいたい)時計と、
ノリが一緒でしょ(笑)


シチズンのアナデジとの
コラボ写真


こりゃ、ワープだね。ワープ。
昭和にワープだ!

SEIKOクロノグラフという合理性

怒涛のアップでございます。
もう、溜まりに溜まっている(笑)
まだありますけどね(爆)

SEIKO
クロノグラフSND363PC 海外モデル





ムーブメント型式 7T92 は、初めてです。

アラーム付き7T62は二本持ってたけど、
後輩にあげた。

ここのところSEIKOファイブ
基本的に3針
基本的に機械式
ばかり、手にしてたので、その反動か。

とある日、
時計並べてみて、
ふと、クロノグラフって

クオーツは、電池式は、
それはそれで良い訳ですよ。ええ。
合理的だよね。

文字盤は、シルバーに、若干アイボリーか、
Perlかみたいな微妙な、色合い。
インナーベゼルは、艶消しのアイボリー
屋外で見るとほぼ白い、若干シルバー

付属の安ステンベルトは、一応合わせてみるが、
やっぱりしっくり来ない(^^;;
よって、飲み会後にビックにフラリと。

革ベルト購入。

家で、チマチマ
誰にも邪魔されず
気兼ね無く
交換。

良いのぅ、一人は(^^;;
柔らかいので、いいかも。
ここへ来て、ようやく至高の時間




SEIKOのクオーツクロノグラフ
このタイプは、
12時位置の1/20秒針が
く〜るクル回ります。

結構早いので、ちょっと感動(^^)


10分以上作動させると、1/20秒高速針は、バッテリー温存の為、停止します。
(内部的には、計測中)
6時位置のカウンターは、
60分計と12時間計の針が二本あります。写真ではかさなっていて解りませんが。
センター針が、秒計測針
時計の秒針は、9時位置です。

クオーツってのは、とっても合理的な選択。
機械式からクオーツに変遷したときってのは
高度経済成長と重なるのは、面白いね。

モノクロで。
これ↓は6時位置の状態が見えてますね。
ちゃんと、針が二本あります。
(iPhoneホントすげーな〜良く撮れる)



ちょい、セピアで。



全ての写真はiPhoneです。
All Photos by iPhone.

こいつが、良い所ってのは、直径が38mmくらいなのです。
このサイズ感は相変わらずしっくりきますよ、ええ。
主張の強い時計ばかりじゃなしに、こういう控えめなのも良いものです。

どうですか?
お一ついかが?

ヨーカ堂 北社長風に、・・・・・・7800円でぇ・・・・・・・。安っ!


上の写真見れば、15000円には見えるな(笑)
By 加藤時計店

新年の準備中

いかに、
やっつけで、
深夜に、
ねむねむで、
撮ってるかってのが、
わかりますね(-。-;
これ、何か解りますか?
写真は、また後で、撮り直しますが。

ちなみに、これの準備は30日に終了しました。

31日は、もう、バタバタしないようにね。

2011年12月30日金曜日

大掃除にはG-SHOCK

おお、久々に、PCから編集中。
でも写真はiPhoneで撮ったから、
一旦iPhoneでアップして、
それから編集。

G-SHOCKは、自立するから、写真が撮りやすいわ。


ほんと、こういう小物を撮るには
iPhoneはいいよ、寄れる。
しかも、なかなかダイナミックレンジが広いような気がする。
明らかに、ペンタのコンデジ(ワンテンデジタル)より
画質がいい。
画質ってのは、ピクセルの細かさじゃなくて、
画素あたりにおける、うん、やっぱりダイナミックレンジ
恐らく、これは、レンジは
所詮ケータイだから広いわけではなく、
ソフトウェアが優秀なのですよ、きっと。

上の写真なんて、まるで、売り物的な写真ですが、
食卓で撮ってます、はい(笑)


大掃除だべさ

石川啄木と尾崎豊

二人の共通点をさぐり
啄木の意外な一面を知る。

二人がいたら、
どんな、詩を詠んだのだろう。
今の日本で。

何気なくつけたTVで
やってた、番組。

そこにもメッセージがあるはず。

2011年12月29日木曜日

ワイアードTomoki Sukezaneモデル

オーデマのロイヤルオークか?
いや、違う、
あれだ、
パテックのアクアノート、
そうだ、フフフフ

腕時計っていうのは、パクリだとか、似てるとか、
あーだ、こーだとありますが、
ま、気にすんな。
気に入ればいいの。自分が。


ワイアードです。
シナメイドですね。
安いね〜。
ムーブメント(中身)はセイコー。
なかなか渋いっすよ、グレー文字盤とクッションケースがなかなかイイね〜。

日付とか、小っちゃいので見えませんけどね(汗)






















今年2011年に買った時計、
どえらいこと(数)になってます。

時計のみならず、バンドも入れると、
ちょっとした感じの時計なら1本買えるか?!ってくらいの金額かも。
(怖くて、計算できね~)

ああ、去年もこの時期に
頭オカシクなってるんだな〜
毎年、この時期(笑)

思い起こせば・・・・・・
今年(2011)は、少し抑さえて、ビシッと来年あたり
ザシチズンかグランドセイコーか
ノモスか、ゼニスか、
ブライトリングか(笑)
な〜んてな。思ってたんだよな〜
RELAXを買った時(2011年初頭)は・・・・・・。


ゆっくり休みたいな〜。
好きな時計を着けて、リゾート地で
ぶらっとしたり、本読んだり、
○○したり、××したりね、
そういう、の、いいよな~~~妄想族でした。
そんな時は、もちろん、腕に着けると止まっちゃう
「フランク三浦」をつけて、非防水ながら、プールにどぼんしたいね~


良いな〜妄想は、
妄想しているときは、楽しいな〜

そのあと、モーレツに切なくなるけど(爆)

パネライ

オフィチーネ パネライの
番組?
フィレンツェの話?
TVKにて

追記:フィレンツ物語
なんと、監修?プロヂュースかな、有名な松山猛氏です。
まだ、全部見ていませんが、
多分、これ見たら、今年の欲しい時計はパネライになるのは必至だと思う。

月に1本、1万円の時計を買い続けたとして、
70ヶ月分の価格(涙)
多分ですね、世界的にレアメタルや、金属の取引価格が
上昇しているので、
今年当たり、また、価格改定されるんじゃないかと思っている。

パネライ・・・・・・いいな〜、ラジオミールがいい。
ノモス・・・・・いいな〜、オリオンがいいわ。
ブライトリング・・・・・トランスオーシャン43 mmだけど・・・
最近、大きい方が見やすいな〜とか思ってみたり(老眼かな?)
うん、オッサンがパネライとかブライトリングってアリだよな。
な〜んて妄想、
楽しいわ、相変わらず妄想は。

2011年12月24日土曜日

オレンジモンスター

さあ、元気出して行こう!
Mr.Shop 時計屋さんから購入しました。
素晴らしいクオリティーです。
iPhoneじゃ、限界です
(写真も文も)

オレンジモンスターね

2011年12月20日火曜日

烏龍茶も良いもんだなあと、スタバからアップ

日本のお茶みたいに
お茶っ葉、がさっと、入れるみたいに
烏龍茶入れたら
こんなになりました(^^;;

空港内のお店は高いからダメよ〜
市内のお店や、
スーパーで買わなきゃ〜

って、スーパーに行ってる暇ないし。

空港で買ったこれ
今から思えば、かなり高い
100g ん千円ですな。

たしかに、美味しいよね〜

阿里山のお茶が、良かったなあ

ちょっと、烏龍茶の認識が変わりましたわ。

日本の烏龍茶のペットボトルのを飲むと
何故か胸焼けっていうか、あんまり
飲めないんだけど、
これは、いいね〜
香りもね〜

2011年12月17日土曜日

腕時計のバンド交換の図

とりあえず、仕事で気分が乗らない場合は、
好きな時計とか、○○とか××とか、そういうことを
考えると、ノッテくるし、頭の回転も、高い位置にくるっていうか
単に、気分転換ですけど、ま、いいや。ごめんねシャチョ。

匿名さんから、バンド交換についてご質問がありましたので、
ざっと書いてみました。
ワード、最近2010にしたので、まだ、なれませんが。

なんとなくわかりますでしょうか?
匿名さんからの質問の内容
バネ棒に、段差が無い
とのことでしたが、小生の手持ちのバンド用バネ棒には
すべて、段差があります。ただし、段差の大小とでも
いいましょうか、個体差とでもいいましょうか、
各バネ棒、もともとついていたやつ、微妙に、
具合が異なります。

他には、バックル部分に使っているバネ棒も、ありますが、
微妙に形状が異なりますし、長さも違います。
もしかしたら、長さが違うだけで、転用は可能かもしれませんが。

---
追記:バネ棒に段差が無いってのは、もしかして、
それは、ラグに付けるバネ棒じゃなくて、他の、例えば
バックルとか、そういうの用じゃないでしょうか?
---

さて、
青色の部分がバンドなのですが、
バネ棒は、通常見えません。
じゃ、「ここに刺して、ぐぐっと押し込める」っていう作業は
どうするのでしょうか?
それは、まさに、ぐぐって、刺して、バンドを押すんです。
バネ棒外しを、ラグとバンドの隙間(隙間が無ければ、押し込む)にいれて
ぐいっと押す(バンド側をつぶす)と、バネ棒の段差部分が露出します。
ま、ナイロンや革バンドは簡単です。ぐぐって出来ますから。
難しいというか、ちょっとコツがいるなってのは、
ステンレスのバンドで、
しかも、接合部分が無垢(むく)で、
幅の余裕がほとんど無いもの、これが難しい。

ステンレスのベルトは、バネ棒の段差部分へのアクセス自体は
一部が露出しているので、実は簡単なんですが、
片方のばね棒の段差に引っ掛けて、片方をずらす・・・・、ななめに・・・・・
ななめにできずに、ずらせない・・・・って感じです。

両端の段差に同時に引っ掛けて、一気に外せる工具があればいいのですけど
(製図用のデバイダとかあれば、はずせるかも・・・・)

ま、なんとか片方ずつ外します。
実は、時計によって、外しやすい方向があるのも事実。
(穴の位置違うしね)
つまり、ななめにし易い方向もあるようです。
これは、実際にやってみないと、わかりませんし、
多分、この文章だけじゃ説明できません(汗

一部のSEIKO、GSなんかでは、ラグに貫通穴開いているので、
簡単ですね。

もっと、図とか書けるといいのですけど、
手描きなら、かけるけどね〜

というわけで、バンド交換は簡単ですよ。
是非、純正しかつけたことが無いというかた、
バンド交換にチャレンジしてみて下さいませ。
バンド交換のビフォーアフターをやってみたいな〜と思うとります。

2011年12月7日水曜日

マリコサン

iPhoneで、激写したわ

私のキャメラは、レンズのピント調整の為に、シグマに旅に出ています。

こんな、写真、撮ってみてぇなぁ(^^)

久々のアップが、マリコさんて(^^)
いいじゃん、好きなんだから、オジサンは。


ピンキー&ダイアンにて

イチョウ並木のセレナーデ

冬が、来たみたい。
でも、今年は寒くないような気がしまします。
単にメタボだから?
それだけではないようなきがします。

セイコーのレトロダイバーの全クロモデル

夕飯を食った後、
スターバックスでコーヒー飲んで、
少しぶらぶらして、で、
ふらりと街の時計店に入ってみた。
ホテルから歩いて15分くらい。


門市名稱: 崇�
門市地址: 406台中市北屯區崇�路二段5號
後で調べたら、チェーン店なのか、そういう感じですね。

さて、
セイコーファイブは無いかしら?。

エポスとかオリスとか、あるね〜。
ティソ(ット)とかもあるね〜
日本と同じような値段です。
だいたい、日本円で5万から15万くらいのラインが置いてあります。
意外と真面目なお店だな〜っていうか、ラインが高くね?
狭い店内、時計も人もひしめきあってます。

トイウオッチもありますが、スイス時計もありますよ、的な。
キティちゃん的なのもありますが、
700〜1000NT
ん〜微妙。これも迷った(笑)

そんな中、奥のほうに、ひっそり陳列されていた、
見づらい位置にある、セイコーファイブ。

どれどれ?

SNZH51J1(白)の色違いで、全部黒いモデルを発見!!!

う〜ん。
う〜ん、高い・・・・・かな?
フムフムと思いつつ、眺めていると、

これなんかどう?って、知らない時計を勧められた。
お勧めなんだけど、知らない時計でした。価格はちょっと安いです。

ま、
とりあえず、退散。
(他には、普通の黒、黒/金、白がありました。青が無かったな。)

そして、
翌日。

僅かな時間を突撃して、緊急確保!17:30
これ、運命だよね?運命!って
自分に言い聞かせてね。

バカですな。時計バカ。
セイコーファイブバカです。
同じ時計を色違いで買うってのは、
バカの証拠らしいです。
アタシ・・・・バカよね〜おバカさんよね〜♪(by細川たかし)

ほんとは、シチズンのプロマスタースカイを
帰国後に買おうかな、なんて気持もあり、迷いました・・・・・正直。

7800NT(日本円にして、約2万円くらいかな)
全クロ以外のモデルは6500NTです。
もっと値切りの交渉とかできたかもしれませんが、
ま、結構引いてくれたと思います。電卓叩いて交渉です。


日本が誇る、我らがMr.shop時計屋さんで買った方が安いっていう点が、
その時に、躊躇した原因です(笑)

はっきりって、全クロモデルじゃなかったら、確保しませんでした。
MrShop時計屋さんには、白、青、黒、黒/金モデルが掲載(全て売り切れ、20111207現在)されておりますが、
全クロタイプはありません。

ここで、単に珍しい→確保という理由はバカにとっては、的を射ています。


芸能人みたいに、
100万円くらいの時計をポンと買えるといいけどね〜。
そういう生活水準じゃないからね、
そんな高額な時計をするっていうのが、
どうにも、あり得ない訳でして、
すなわち、分不相応な訳です。あたしには。


そういう時計をしながらも、
防水とか、傷とか、気にしないわよ、っていう
そういう状況っていうか、
大事に使うんだけれども、固執しないというのかな、
要は、何も、そのような時計は
一本だけじゃなく、何本も持ってますけど何か?・・・っていう
そういう状況が適切なんじゃないかなと。

お金を貯めて、パテックとか頑張って買うのも勿論アリですが、
そんな状況で買っても、
その周辺とのバランス感覚が合わないと、
そのパテックが死んでしまうような気がしてならない。

いや、気がするだけですよ、いや、死ぬ訳じゃなくて、苦笑い的な。
もちろん、そんなこと
持ってないから、分かりませんけどね。


あ、そうそう
購入した、全黒モデルは、曜日が英語/中華仕様で、
日曜日だけが赤文字
それ以外は黒下地に白文字です。
ダイアルには、MADE IN JAPANの文字があります。
これ、日本でも売れば良いのにね〜
不思議な感じです。外国に来て、わざわざ日本製買うなんざ。
ま、日本に居ながらにして、逆輸入の日本製品を買うってのも何ですが、
まぁ、こんなこと思うのも、
全ては、セイコーファイブから始まった訳です。

恐るべし、セイコーファイブ・・・・・。

2011年12月3日土曜日